映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」主演
武田梨奈 スペシャルインタビュー
インディーズ映画の世界で注目を集めている山岸謙太郎監督の商業デビュー作「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」で主演を務める武田梨奈さん。アクション女優として海外でも評価されている武田さんですが、コメディやヒューマンドラマなど様々な作品でも活躍し、本作でも人生にあせるアラサー女性を好演しています。武田さんには本作のエピソードだけでなく、デビュー前に約300回も落ちたオーディションのことや、役者としてレベルアップするために行なった"海外武者修行"のことなどもお聞きしました!

■観客をダマすストーリーにワクワクした

武田梨奈

──「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」の台本を読まれたときの第一印象はどういうものでしたか?

タイトルにすごくインパクトがあるなと思いました。ストーリーは落ちがものすごく面白くて、台本を読みながら私も最後までダマされてました。こういうお客さんをダマしていく感じの作品はやったことがなかったので、ワクワクしました。

──監督の山岸謙太郎さんはインディーズ映画で活躍なさっている方ですね。

山岸監督とはお会いしたことはなかったんですけど、共通の知り合いがたくさんいて、近い距離にいたので親近感がありました。映画に対する思いも語り合いましたし、撮影は1年以上前なんですけど、いまだに何ヶ月かに1回は山岸監督や共演者の皆さんと集まってお酒を飲みながら映画の話をしています。

──いいチームだったんですね。撮影中は山岸監督とはどういうことを話したんですか?

私は撮影中は25歳だったので、30歳直前の女性を演じられるか、プレッシャーが正直あったんですけど、監督は「30歳前後の人よりも、30歳に対して未知の部分が多い人に、30歳ってどういうものなんだろうって色々考えながら演じてほしい」とおっしゃっていたので、モヤモヤしたものを抱えながら演じていけたらと思いました。

──主人公の那奈を演じる上でどういうことを心がけたんですか?

久保田(悠来)さん、酒井(美紀)さん、佐生(雪)ちゃんが演じた銀行強盗チームがキャラが強い役なので、那奈はどちらかと言うとフラットな人物として演じようと思いました。まわりがワチャワチャしてるぶん、普通さを出したかったんです。強盗チームのテンションの高さと那奈の冷めた感じの温度差がコメディ的な部分につながるのかなとも考えました。

──先ほどもお話に出ましたが、武田さんご自身は26歳だから、アラサー女性の那奈とは年齢差がありますよね。那奈のあせりは共感できましたか?

30歳にかぎらず、「ある年齢で自分が想像しているところにまだ行けてない」とか、そういうあせりを感じる方って多いんじゃないかなって思います。私も高校を卒業したときは一番あせりを感じていたんですよ。高校生のころは学校に通いながら女優さんのお仕事をしていたので、お仕事がないときも学校に行く時間があって、お仕事以外でも自分の居場所があったんです。だけど、高校を卒業したら役者一本で行くって決めてたから、お仕事がなければ何もない状態になっちゃうので、その瞬間が怖くてあせりを感じてました。今回、演じる上では、そのあせりを意識しましたね。でも、那奈を演じたことで30代になるのが楽しみになりました。人って数字にとらわれてしまうことが多いと思うんですけど、数字だけにとらわれちゃいけないって感じるようになったんです。

■デビュー前、約300回オーディションに落ち続けた

武田梨奈

──今のお話のとおり武田さんは高校生時代に女優のお仕事を始められたわけですが、そのデビュー前に約300回オーディションを受けては落ちていたそうですね。

「月刊オーディション」さんでいろんな事務所が掲載される特集の号がありますよね。それを買ってきて、それこそ「グラビアしかやってません。歌手しかやってません」というところ以外に、全部片っ端から応募したりしていました。

──そのガッツはすごいですね!

ただ、それが正しかったのかどうか正直わからないです(苦笑)。書類で落ちることもたくさんありましたし、今の私だったらちゃんと目的や目標を持って、「自分は何でこの事務所に入りたいのか」と考えると思います。

──なるほど。ただ、やはり300回落ちてもくじけなかったのはすばらしいです! あきらめなかった理由を教えていただけますか。

悔しいっていうのが大きかったかもしれないです。オーディションで3~5人で面接を受けるときって、だいたいペアでお芝居をするんですけど、私の相手の子が後にバーンって売れたりしたんですよ。「わっ、私と一緒にやってた子が!」って、すごく悔しかったです。でも、自分もあの場にいて、同じ戦える土俵にいたんだとも考えましたね。今の事務所も2回応募して2回落ちてるんですけど、今は所属してますし、本当にどこで何が起きるか分からないので、簡単にはあきらめないでほしいです。

──現在、武田さんがオーディションを受ける機会はあるんですか?

今はハリウッドですとか海外作品のオーディションを受けています。海外のオーディション会場に行けないときは、監督がセリフとシチュエーション、絵コンテなどを送ってくださるので、動画を撮って送るようにしています。

──オーディションを受けるときは、どういうことを意識してらっしゃるんですか?

「私にはこれしかない」っていうのが、たぶん一番大きいんじゃないでしょうか。私の場合は、それがアクションで、海外作品の場合もそれで知ってもらって声をかけてくださってるので、それを見ていただけたらと思っています。私のデビュー作の「ハイキック・ガール!」のオーディションのときには面接で300人ぐらい受けて、有名な女優さんや、私より運動神経がよくてアクションができる人もいたそうなんです。あとで「私の何がよかったんですか?」と聞いたら、「"自分にはこれしかない"というものが武田梨奈にはあった」と言われました。ずっとオーディションに落ち続けていましたけど、「ハイキック・ガール!」には私がやりたかったお芝居と、大好きな空手と、夢だった映画と、全部が詰まっていたので、絶対に受かりたい、私にしかできないんだって気持ちで行ったので、それが伝わったんだなって思います。

──なにがやりたいのかハッキリしていることがオーディションで武器になるんですね。

オーディションに落ち続けてたころって、「どういうことをやりたいんですか?」って聞かれたときに「なんでもやります! やる気と気合はあります!」って答えてたんです。でも、オーディションに来てる人ならやる気と気合は誰にでもあるはずなんですよ。そこをアピールしても違うなって気づきました。それからはどういうことがやりたいのか自分の口で言えるようになってオーディションにも通るようになりましたね。

■タイのアクションチームで"武者修行"

武田梨奈

──武田さんの今後ですが、やはり海外での活動を視野に入れているんですか?

そうですね。日本の作品も大好きなので、そちらもどんどんやっていきたいんですけど。海外でのお仕事のため英語の勉強もしてます。そんなに全然ペラペラってわけではないんですけど、海外の作品や海外との合作に出演すると、現場ではアジアの方々でも英語をしゃべるので、多少なりとも英語を使えるようにならないとコミュニケーションがとれないんです。

──他に役者としてレベルアップするために心がけていらっしゃることはありますか?

ちょうど「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」を撮り終わってからなんですけど、海外に3~4回ひとりで行きました。仕事で海外に行くときってマネージャーさんやスタッフさんが一緒でいろんな手続きもやってくれます。だから「自分を試す」じゃないですけど、やってないことをやりたいと思って、ひとりで海外の知らない街を歩き回ったり、食べたことのないものを食べたりしてます。去年はプラベートでタイに行って、パンナー・リットグライさん(映画「マッハ!!!!!!!!」のアクション監督)のアクションジムで練習させてもらいました。別のふたつのアクションチームの練習にもおじゃましました。他の国のアクション映画を見る機会はいっぱいあるんですけど、なかなか練習している姿を生では見れないですし、日本とどういう違いがあるか研究したかったんです。すごくいい経験になりましたね。

武田梨奈

 

 


Photo/吉村永 Text/武富元太郎 Hair&Make/ISHINO Styling/山口美帆

映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」
3月31日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー!
三十路女はロマンチックな夢を見るか?
武田さんの他、「仮面ライダー鎧武」の久保田悠来さん、「白線流し」の酒井美紀さんも出演する痛快サスペンス。恋人もなく、ただ単調な仕事をこなし、夢も希望もない日々を送る那奈は30歳の誕生日を目前に控えていた。親友が寿退職することにショックを受けた夜、逃走中の銀行強盗3人が突然部屋に入り込んできて、那奈は拘束されてしまう。銀行強盗は男と元カノと今カノという奇妙な3人組で、まったく犯罪者っぽくない。那奈は彼らの逃走に同行することになり......。

©2017「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」製作委員会

武田梨奈
武田梨奈
たけだりな●1991年6月15日生まれ、神奈川県出身。空手黒帯の実力を活かし、2009年に映画「ハイキック・ガール!」の主演でデビュー。以後、アクション女優として国内外で高く評価される。主な出演作は映画「ヌイグルマーZ」「進撃の巨人」「海すずめ」、ドラマ「ワカコ酒」シリーズ、CM「セゾンUCカード」、「グンゼ SABRINA」など。2018年は映画「世界でいちばん長い写真」「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる」や、それ以外の数本の映画が公開待機中である。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

ギャラリー
映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」主演 武田梨奈 スペシャルインタビュー 映画「ミスミソウ」出演 大谷凛香 スペシャルインタビュー デビューシングル & 2ndシングル発売記念! はちみつロケットスペシャルインタビュー デビューシングル「One & Only」発売 Re:Complex スペシャルインタビュー 映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」出演 山本千尋スペシャルインタビュー 映画「花は咲くか」出演 塩野瑛久 スペシャルインタビュー 映画「勝手にふるえてろ」公開記念 北村匠海 スペシャルインタビュー ファーストアルバム「Cherry Seeds」発売 CHERRSEE スペシャルインタビュー 主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール