「AKB48 向井地美音ソロコンサート
~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念
向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー
結成から12年を迎えた国民的アイドルグループのAKB48。その次世代メンバーの中心として名前を挙げられることが多いのが、2013年に行われた15期オーディションに合格してAKB48に加入した向井地美音だ。そんな彼女が今年の1月17日に開催し、大好評を博した初めてのソロコンサートが、DVD&Blu-rayとして発売された。幼少期から子役として活動してきた彼女がAKB48になった理由、そして初めて行ったソロコンサートに込めた熱い思いとは---

■子役時代はオーディションで緊張することがなかった

AKB48 向井地美音

――AKB48に入る前は子役として活動していたそうですね。

はい、1歳か2歳くらいの時に両親が応募したみたいで、物心ついたときには芸能界にいました。初めはお仕事の感覚もなくて、赤ちゃん雑誌の撮影とかを普通に楽しんでました。

――2006年のドラマ「アンフェア」では、主演の篠原涼子さんの娘という、重要な役どころも務めています。

「アンフェア」は小学2年生の時なんですけど、そのくらいから仕事という意識が出てきました。漠然と将来は女優さんになるんだろうなぁと考えたりして。

――当時はオーディションを受けることも多かったですか?

週に1回は何かしら受けてました。オーディションは落ちるのが当たり前という感覚だったので、当時は緊張したことがなかったんです。でも、しばらお仕事をお休みしてからAKB48のオーディションを受けたときは、めちゃくちゃ緊張しました。すっかり忘れちゃったみたいですね(笑)。

――2013年にAKB48の15期オーディションに合格。受けようと思ったきっかけは?

小学6年生まで子役をやっていたんですけど、学校も好きだったので中学生は学校に専念しようと思ったんです。このまま普通の女の子として生活していくんだろうなと思ってた頃に、AKB48ファンの友だちの影響でAKB48が大好きになって、劇場公演や、握手会、ライブに行ったりしているうちに、漠然と自分があのステージに立てたらどんな感じだろうと思うようになって。でも、子役経験があるのにAKB48を受けていいんだろうか、とかヘンに考えてたんです。そうしたら、中3の終わりくらいにちょうど15期生オーディションが開催されることになって、お母さんが「そんなに好きなら、受けてみれば?」と言ってくれました。理解のある親でよかったなと思います(笑)

――アイドルではなく、AKB48になりたかった。

はい。もともと趣味が何もなくて、人生で何かにハマったりすることがほとんどなかったんですよ。でも、なぜかAKB48にだけ、自分でもびっくりするくらいのスピードでのめり込んでいって。AKB48って曲やメンバーの数だけ物語があって、毎日追ってないとわからなくなっちゃうから、本当にAKB48にしか興味がなかったんですよね。

■「ヘビロテ」センターに選ばれ人生に無駄はないと気づく

AKB48 向井地美音

――ファンの時代に印象に残ってるできごとはありますか?

実は15期の最終オーディションで合格が決まった後に、劇場公演に応募したら当たっちゃって......。研究生の候補生期間中に、バレたら落とされるんじゃないかってビクビクしながらチームA公演を観たことを覚えてます(笑)。しかも前から2列目で、(渡辺)麻友さんが私にウインクしてくれたのが、すごくうれしかった。私にしてくれたのかはわからないですけど、勝手にそう思い込んでます!

――AKB48に加入してから、自身の活動でターニングポイントになったことは?

やっぱり「ヘビーローテーション」(2014年のリクエストアワーで、大島優子に代わってセンターを務めた)です。そこから環境がすごくかわったので、あそこで優子さんに見つけてもらえたのはすごく大きかった。そのとき8人くらいいた15期生の中で私を見つけてもらえたのも、子役経験があったからかなと思うので、人生に無駄なことはないんだとそこで気づくことができました。

――今年の1月19日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた「向井地美音ソロコンサート ~大声でいま伝えたいことがある~」のDVDが、先日発売されました。コンサートの構成には、ご自身の意見も?

めっちゃ入れてもらいました(笑)。選曲は特にこだわりがあって、1曲目の「天使のしっぽ」は研究生のときに初めて歌ったユニット曲だし、他にも、初選抜の曲やセンター曲など思い入れのある曲はすべて入っていると思います。あとは、自分が見てきたAKB48の昔の公演曲を混ぜたり、好きなシングル曲はフルで歌ったり。コンサートでフルサイズをやることは少ないんですが、AKB48の曲はフルだと良さが倍で伝わるんですよ。

――「翼はいらない」では、ギターの弾き語りにも挑戦していますね。

MVではイントロの部分だけ3日間練習して弾いたんですけど、まるまる1曲弾き語りしたいっていうのは、自分から言ったような気がします(笑)。コンサートまで3週間しかなかったので、かなりピンチだったんですけど......アニメの「けいおん!」が好きで、ギターを弾く女の子に憧れてたんです。

――いまもギターは続けてるんですか?

ギターが家にあるので、ちょいちょいやってます。「翼はいらない」のコードで弾ける曲を検索していろいろ試したりして。特技がフラフープしかないので、ギターをちゃんと弾けるようになりたいんです。また、コンサートとかでも挑戦できたらいいな。

■「夢は言葉にしないと叶わない」

AKB48 向井地美音

――今回のソロコンサートに込めた思いを教えてください。

「AKB48を守りたい」というとちょっとヘンですが、AKB48らしさのあるコンサートをソロでもやりたいと思いました。「制服レジスタンス」、「Bird」、「黒い天使」の3曲は、AKB48を昔から好きだった古参ファンの方にも重ね合わせてみてもらいたかったので、恐れ多かったんですが先輩たちの昔の映像と一緒にパフォーマンスをさせていただきました。

――それが、公演タイトルの「大声でいま伝えたいこと」でもある。

そうですね。私がAKB48を大好きだという気持ちと、これから自分がその大好きなAKB48を引っ張っていきたいという決意を伝えたかったんです。いままでも、心の中に気持ちはあったんですけど、先輩やファンのみなさんに遠慮していたというか、表に出す勇気がなくて。でも、ちゃんと自分の意思を主張していかないといけないなと思ったんです。だから、このDVDは私推しではない方、AKB48が昔好きだったけど、いまはあまり見ていないという方にもぜひ見てもらいたくて。ずっとAKB48を見てきた私のAKB48に対する愛や、思い、こだわりが詰まっていると思いますし、それは昔からのファンの方の気持ちと同じだと思うんです。「これからのAKB48で、AKB48らしさを守っていきたい」という気持ちに共感していただけたらうれしいなと思います。

――最近は向井地さんを中心に15期生の方たちが、そういったAKB48に対する熱い気持ちを表明している気がします。

15期は本当にAKB48が好きで入ってきた世代でもありますし、AKB48に対する思いは人一倍強いメンバーが多いんです。私たちも後輩だからと遠慮していた部分があったんですけど、5年目にもなって、若手と甘えていられない意識が出てきて。最近のAKB48は、あまり元気がないイメージで見られることが多いんですけど、思いの強さは本当に負けないので、何かのきっかけがあればAKB48単独でも燃えあがれると思うんです。そのタイミングのために、私たちはいま気持ちを燃やし続けているところで、個人的には、(渡辺)麻友さんの卒業がそのきっかけのひとつになるような気がします。私たちを支えてくれていた中心の麻友さんがいなくなってしまうことは、すごく大きいことだと思うので。

――これからのAKB48に期待したいです。最後に、これから芸能界を目指す人にアドバイスをお願いします!

AKB48に入って「夢は言葉にしないと叶わない」ことをすごく実感しています。AKB48が好きなことを家族に言ってなかったら、AKB48に入っていないかもしれないし、今回のコンサートで「AKB48を引っ張る」と言ったのも、言葉にすることが大事だと思ったからなんです。それと、私はAKB48に入ったのがまわりに比べて遅い方で、オーディションを受ける時の不安でもあったんですけど、いまは遅い早いはないと思ってます。それぞれが過ごしてきたどんな経験も、人生にとって無駄ではないから、オーディションを受けたいと思ったときがそのときなんです。だから、どんなときでも諦めないでほしいなと思います。

AKB48 向井地美音

 


Photo/塚田亮平 Text/森野広明

AKB48 向井地美音ソロコンサート ~大声でいま伝えたいことがある~
DVD&Blu-ray 発売中
AKB48 向井地美音ソロコンサート ~大声でいま伝えたいことがある~
価格:【DVD(2枚組)】9,000円(税別)、【Blu-ray(2枚組)】12,000円(税別)
発売:AKS

2017年1月19日にTOKYO DOME CITY HALLで行われた、向井地美音のソロコンサートが待望のDVD&Blu-ray化。コンサート当日は、彼女がAKB48に加入した日からちょうど4年という記念日。構成にも自ら関わり、大好きなAKB48の楽曲の数々を笑顔全開で披露した、大好評のコンサートを完全収録。さらに特典やジャケットデザインも、本人が企画段階から参加したという向井地美音ファン必携のアイテムとなっている。

AKB48 向井地美音
向井地美音
むかいちみおん●1998年1月29日生まれ、埼玉県出身。AKB48チームK所属。幼少期は子役として、多くのドラマや映画で活躍。'13年にAKB4815期生オーディションに合格しAKB48に加入。今年の「AKB48 49thシングル選抜総選挙」で17位となり、アンダーガールズに選ばれた。AKS所属。

ギャラリー
主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー 映画&舞台「真田十勇士」出演 望月歩スペシャルインタビュー 舞台「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」主演 谷岸玲那スペシャルインタビュー 映画『Only 4 you』DVD発売 花影香音Kanon Hanakage、山川未菜Miina Yamakawaスペシャルインタビュー 主演映画『ハルをさがして』公開佐藤菜月スペシャルインタビュー 主演映画「闇金ドッグス3」公開 青木玄徳 スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール