映画「勝手にふるえてろ」公開記念
北村匠海 スペシャルインタビュー
綿矢りさの恋愛小説「勝手にふるえてろ」が映画化された本作で、主人公・ヨシカ(松岡茉優)が10年間片想いしている中学時代の同級生・イチを北村匠海さんが好演。ヨシカにとってキラキラした王子様であり、クラスのいじられキャラとして人気者だったイチ。でも、それはあくまでまわりがそう思っているだけに過ぎなくて......? 2017年に入り「君の膵臓をたべたい」などヒット作への出演が続き、若手俳優としてめざましい活躍を見せる北村さんに映画の見どころ、芸能界デビューのきっかけについてお話を伺いました。

■イチは王子様みたいな感じにしたくなかった

北村匠海

――「勝手にふるえてろ」では主人公・ヨシカ(松岡茉優)の中学時代からの片想いの相手・イチ(北村匠海)を演じてます。出演が決まったときの感想は?

北村:キャストの方たちが松岡さんをはじめ知ってる方が多かったので、お話をいただいた時は純粋に撮影が楽しみだなって。この作品に関しても脚本より先に原作の小説を読みました。なので映画に入る前から役のイメージはついてたんですけど、脚本にも小説にもイチという人間があまり詳細に描かれていなくて。作品に入ってからはだいぶつかめましたが、入る前はイチをどう演じていくべきなのか、いろいろ試行錯誤してました。

――脚本の前に原作を先に読まれたとのことですが、それはどうして?

北村:まず原作の世界観を頭の中にいれておくことで、役のイメージが膨らみやすくなります。それから作品に対しての愛情も生まれてくるし、原作者の方が伝えようとしていることも汲み取りやすくなる。演じる上でヒントになるものがたくさん見つかるんです。

――イチを演じる上で意識したことを教えてください。

北村:イチはすごく嫌な奴だけど、彼自身は意図的に誰かを傷つけようとしてるつもりはまったくないんです。ただただ他人に興味が持てない人間なだけで。けど、イチはそういうのをはっきりと口に出すタイプではない。だから所作とか視線とか雰囲気とかにイチが心で思ってるメッセージを込めるようにしました。あと、ヨシカにとってイチは王子様みたいな存在だけど、監督がイチはかっこいい人間にはしたくないと言ってたんです。だから、イチが王子様みたいに映る瞬間は、容姿とかではない部分でキラキラ感みたいなものを表現していこうと思いました。それこそ空気感とかそういうところですよね。

■小さい頃に受けたオーディションこそ貴重な財産

北村匠海

――北村さんの中学時代が気になります。

北村:僕もイチと同じく中学時代は他人に興味が持てませんでした。だからイチに共感できる部分も多いんです。ヨシカにとってショックなセリフをサラリと言っちゃうのも悪気があってやってるわけじゃなんいだよな~って(笑)。ひとことで表すなら僕にとって中学は暗黒時代(笑)。普段は自分の殻に閉じこもってることのほうが多かったかもしれません。1番楽しかった思い出って言ったら部活かな。当時はバスケ部に所属してました。

――北村さんはスカウトで芸能界に入られたそうですね。

北村:はい。小学校3年生の頃、親と弟と歩きながらどこかのお店に向かう途中で今の事務所の人からスカウトされました。けど、その当時僕はサッカーに夢中だったので、とりあえず習い事感覚で事務所に入ってみたって感じですね。ちなみに事務所に入る際の面接で僕はなぜかひと言もしゃべらなかったんです(笑)。「ここでしゃべらなかったのあなただけだよ」って後から事務所の人に言われました。カメラテストの時も「何をしてるんだろう?」と思いながら写真を撮られてた記憶があります。

――当時はお芝居よりもサッカーに夢中だったんですね。

北村:でも、お芝居は楽しいなと思いながらやってましたし、好きだという自覚もありました。ただ、当時はまだ小さかったからちょっとワンパクだったかもしれないですね。学校ではリーダーや班長をよくやってて、わりとみんなの中心にいるようなタイプ。どちらかと言えばけっこう前に出たがるような子でした(笑)。なんだかんだもう11年もこの世界にいるので、役者以外の仕事に就くのは想像つかないですね。これが高校生の時に芸能界デビューとかだったら、違う道も考えてたかもしれませんが。

北村匠海

――子役時代のオーディションって今も覚えてますか?

北村:もちろん覚えてます。子役って大体グループオーディションなんですが、最初にすごい人数が呼ばれて、その中で選ばれた子だけが残っていくって感じなんですね。帰りに親にいつも「オーディションどうだった?」って聞かれるんですけど毎回「普通」って答えてました(笑)。あと、小学生の頃に40度の熱を出しながら「TAJOMARU」っていう作品のオーディションを受けたことがありました。絶対に受かってるはずないよなと思ってたらこれが受かってて。人間って追い込まれるとすごい力を発揮するもんなんだなってちょっとした気づきがありました(笑)。でも、小さい時からこうしてたくさんのオーディションを受けてきたなかで1つだけはっきり言えるのは、今までやってきたことって全部無駄ではないということ。結果に関係なくオーディションを受けること自体が自分にとって貴重な財産になるんですよね。まぁその時は気づけないんですけど(笑)。

■"人との出会い"が1番のおもしろさ

――それではこれまでの俳優としての活動を振り返ってみて、ターニングポイントとなった作品・出来事はありますか?

北村:「鈴木先生」ですね。それこそ今回共演している松岡さんも出てて、「またこのみんなと共演したいな」と思ったことがこうして実現できている。これってすごくうれいしいことだなって。当時僕は中2だったんですが、自分なりに同世代の仲間たちと作品について本気で討論し合ったりしたのもいい思い出です。すごく濃い時間を過ごしましたね。あの時に味わった経験が今の僕の芝居に生きています。

――「君の膵臓をたべたい」など今年に入り出演作が次々と話題になっています。この状況をどんなふうに捉えてますか?

北村匠海

北村:あんま深くは捉えてないけど、まさか自分が出た作品がここまで多くの方に観ていただけたなんて。素直にすごくうれしいです。でも、出演作が話題になるのって当の本人にはいまいちピンと来ないものなのかもしれません。だけど映画の公開後からSNSのフォロワー数が増えたことは驚きました。数字ではっきり示されるとけっこうビックリします。あと、俳優として街で声を掛けられることが以前より多くなりました。と言っても特にすごい対応ができるわけでもなく、普通に「どうも」って言うだけなんですけどね。なんかすみません(笑)。

――北村さんが思う俳優としてのおもしろさとは?

北村:いろんな人のいろんな人生を過ごせるのってこの仕事でしかできないことなので、やっぱりそこにはやりがいを感じてます。あと、日々違う仕事を何年もこなしてるのってよく考えてみたらあまりないことだし、純粋におもしろいなって思います。そして何より人との出会い。この仕事をしてるとたくさんの人と出会いがあって、その度に多くのことを吸収できる。達成感とか役者としてのやりがいももちろん感じるけど、人との出会いを通して人間として成長していくことができるのが自分のなかで大きいかな。たくさんの人と出会ってお仕事をすればするほど深みが増していくような感覚がするので、今はそれがすごく楽しいですね。そういう経験ができるのってやっぱりこの芸能界ならではの特殊な部分なのかなって思ったりします。これからも仕事を通じて俳優として、人間として成長していきたいです。


Photo/塚田亮平 Text/コンドウカナコ Hiai&Make/佐鳥麻子 Styling/鴇田晋哉

映画「勝手にふるえてろ」
12月23日(土・祝)公開
映画「勝手にふるえてろ」
ヨシカ(松岡茉優)は中学時代の同級生・イチ(北村匠海)に10年間片想い中。そんなヨシカの前に会社の同期で熱烈に愛してくれるニ(渡辺大知)が突如現れた! テンションが上がるもいまいち乗り気になれないなか、ある出来事をきっかけに「一目でいいから今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。イチとの再会の日が訪れ......。

配給:ファントム・フィルム
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

北村匠海
北村匠海
きたむらたくみ●1997年11月3日生まれ。東京都出身。1998年「DIVE!!」で映画初出演。今年に入り映画「君の膵臓をたべたい」「恋と嘘」など話題作への出演が続く。2018年公開の映画「OVER DRIVE」の出演を控えている。スターダストプロモーション所属。

ギャラリー
映画「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」主演 武田梨奈 スペシャルインタビュー 映画「ミスミソウ」出演 大谷凛香 スペシャルインタビュー デビューシングル & 2ndシングル発売記念! はちみつロケットスペシャルインタビュー デビューシングル「One & Only」発売 Re:Complex スペシャルインタビュー 映画「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!」出演 山本千尋スペシャルインタビュー 映画「花は咲くか」出演 塩野瑛久 スペシャルインタビュー 映画「勝手にふるえてろ」公開記念 北村匠海 スペシャルインタビュー ファーストアルバム「Cherry Seeds」発売 CHERRSEE スペシャルインタビュー 主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール