主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開
井上雄太スペシャルインタビュー
CMドコモdヒッツの「急な雨編」「バスが来ない編」で、あの俳優さんは誰?と注目を浴びる井上雄太が、映画初出演にして初主演を果たしている。作品は日本とラオスの外交関係樹立60周年を記念した合作「ラオス 竜の奇跡」。ラオス語もマスターし、初主演とは思えぬ自然な演技を披露している井上だが、一度は普通に就職し、サラリーマンとして働いていたこともある。一気に注目を集める井上に、本作のことはもちろん、夢を諦めきれずにオーディションを受け、役者の道をつかんだこと、目指す役者像などについて聞いた。

井上雄太

 
■初めての映画は、全編ほぼラオス語!

――映画初出演で初主演です。オファーを聞いたときは?

あるワークショップを受けていて、全然できなくて落ち込んでいたんです。マネージャーさんにも怒られるだろうなと思っていたのに、あんまり気にしていなくて。なんでかなと思っていたら、「映画の話が来ているよ。ラオス語で話さなきゃいけないから、必死にやってね」と言われて。落ち込んでいたのが、急にギュワーンとテンションが上がってすぐに脚本を読みました。

――しかも本編ではほぼラオス語です。

そうなんです。ただ最初に聞いた時点では、ほぼラオス語だというのは知らなくて、脚本を読んでいたら、「以下すべてラオス語とする」と1行書かれてたんです(苦笑)。そこから、講師の方にラオス語を習って、クランクインのひと月ほど前にはラオスに入って現地でも言葉を学びました。それから、今回は1960年にラオスに行って、ダムを作った日本人の方がモデルなので、実際に当時、そうしたことをされていた方々からもお話しを伺いました。今にして思うと、とてもじっくりと役作りをさせていただいたんだなと思います。

――挨拶程度のラオス語はマスターできましたか?

簡単なコミュニケーションは取れるようになりました。もちろん通訳の方もいますが、手一杯なので、熊澤誓人監督のおっしゃったことを、現地の役者の人たちに伝えたりといったこともしていました。

――川井はどんな青年だと感じましたか?

最初に脚本を読んだときから、僕自身に近いかなと思ったんです。監督もそう感じたからオファーしてくださったとおっしゃっていました。それに、ダムを建設するという強い気持ちだけを持ってラオスに行った川井の気持ちと、役者という世界に身を投げてこれからやっていこうとしている自分もシンクロしたので、違和感なく入れました。

――撮影は順撮りだったのでしょうか?

結構バラバラだったので、難しかったです。ラストシーンは最後のほうで撮れましたが、ほかは、いきなり今日はこのシーンをやるという感じだったので、何回も脚本を読み直して、そのときの気持ちを作るようにしていました。

――特に印象深かったシーンを教えてください。

大変だったという意味では、村の人たちにダムの意義を説明するシーンです。撮り始めたのが夕暮れ時で、僕向けで撮影するショットは後ろに空が映るので、時間的にいくつもカットを割るわけにはいかなかったんです。だからかなりの長いセリフを、一発撮りの長回しで撮ると言われて。すごい緊張感でした。でもそのときの集中力というのは、自分でも不思議なくらいのものでした。やれたときには、すごく気持ちよかったです。

――観客の方には、どんなところを観てほしいですか?

まずは、ラオスという国はまだまだ知られていないので、今回の映画によってラオスという国を知ってもらえたらなと思います。こんなキレイなところなんだとか、こんな人たちがいるんだ、行ってみたいなと思ってもらえたらいいなと。

内容について川井を通して言うと、若い青年が初めての仕事で知らない土地にいって、ワクワクする気持ちは持っているんだけど、本当の意味での仕事の意味はまだ分かっていなかったものが、そこにいる人たちに出会ったことで、自分に向き合って、答えを見つけ出して、さらにその答えを言葉にしていく。そうすることでそれがほかの人に伝わって、ほかの人の考えにも影響していく。

その根本にあるのは、やっぱり川井のまっすぐな気持ちだと思うんです。そうしたことをこの映画を観たことで、自分の中にも感じて、明日からもっといいことが起こっていくんじゃないかと思ってもらえたら嬉しいです。

■一度は二次面接を飲み会を理由に断った!?

井上雄太

――普通に社会人として就職したのちに、やっぱり俳優になる夢が捨てられなくて、東宝芸能のオーディションに応募されたとか。

はい。役者をやるには事務所に入らなきゃと思って、そうした活動をはじめたとき、一番近い上司や同僚、家族にはあらかじめ話していました。ありがたかったのは、やめておけと言った人がひとりもいなかったことです。「お前はそっちのほうがいいんちゃうか」とか「頑張れ」と言ってくれる人ばかりでした。だから自由に活動できて、この事務所を受けることもできたんです。

――オーディションを受けた際に、気を付けたことはなんですか?

僕の場合でいうと、書類が月末締切だったのが、27日くらいに送ったんです。そしたら届いてすぐに連絡をいただいて、採用担当に関わっている方から、明日たまたま大阪に行くから夜に会って二次面接をして、そこでよかったら東京の事務所に呼ぶと言われたんです。でも僕、実は1回断っていて。次の日が営業会議で、会議のあとは絶対に飲み会があるから、いかないのはまずいなと思って。そしたらこの機会を逃すのはおかしいと強く言ってもらったんです。確かにそうですよね。それで、会議が終わったあと、みんな飲み会に行くのを断って面接に行ったんです。あの時、飲み会を優先していたら今はなかったです。

――面接で緊張はしませんでしたか?

そのときに担当してくださった方の話を後から聞いたら、会議の後だったし、僕すごく疲れていたらしくて。その疲れている感じがよかったらしいです(苦笑)。面接のために、めっちゃ気合い入れてます!っていうのじゃなくて素の感じが出ていて、そこに惹かれる部分があったと。確かに自分を繕う余裕もなかったので、それが逆によかったのかなと。

――もともと役者を目指したきっかけは何だったのでしょうか。

それこそ幼稚園のころから、劇とかには絶対に出ていました。出ないという選択肢はなくて。だから基本的に好きだったんだと思います。中学、高校は普通にスポーツの部活に入っていましたが、文化祭の劇には絶対に出てましたし。ただそれを生業にしている人が僕の周りにはいなかったので、現実的にそこへ進むというところに考えが及びませんでした。でも、モデルをしていたころ、ある映画のオーディションを受けて、自分は落ちて、知り合いのモデルの人が受かって役者の道を歩み始めた。自分と近い場所にいたはずの人が、そうなっていくのを見ていて、どうして自分はその可能性にもっと賭けなかったんだろうと。そして挑戦しようと思ったんです。

■気持ちがあるのなら、絶対に挑戦するべき

――今回、映画初主演も果たしました。どんな役者になっていきたいですか?

憧れの人は堺雅人さんです。堺さんの書かれている本を読んだり、お芝居を観たときに、とても論理的で、感覚だけでなく頭で理解しながら、でも表現としておもしろいことをされている方で、憧れるようになりました。ただかっこいいというよりも、おもしろいときもあれば、すごくかっこいいときもある、つかめない感じでいられたらなと。

――クラスで女の子にキャーキャー言われたりは?

全然。おもしろいことをいうヤツの傍にいて、いじられるヤツでした。

――そういう意味では、dヒッツのCMは、かっこいいけど、ちょっと...という。

そう。ダメなヤツでしょ(笑)。傘とか渡してる時点でボロボロですから。結構抜けていたり、3枚目的な役をいただけていて、おもしろいと思ってもらえているので、そういう自分をやっと肯定できた気がしています。ただもちろん、ほかにもいろいろやりたいです。時代劇にも興味がありますし、役柄で言ったら、すごい笑顔が怖くて狂気を秘めた役なんかもすごく惹かれるし。やりたいことはいっぱいあります。

――夢を諦めずに動いてみてよかったと思いますか?

思います。そのままの人生を続けていて得られたものが、どれだけのものかは分からないですが、夢に向かったことで、井上雄太という個人に向き合えて、僕というものを世界に生かせるようになっていっていると感じます。

――芸能界を目指している人にメッセージをお願いします。

役者を始めた僕の立場から言えるのは、お芝居が好きな人であれば、この世界は本当に楽しいと思います。周りの人が応援してくれないとか、自分にできるのだろうかという不安がある人もいると思いますが、とにかく踏み出してみて、それでもやっぱり芝居が好きだという気持ちが死なないのであれば、絶対に挑戦するべきだと思います。そして何より、自分を隠さないほうがいいと思います。

井上雄太

 


Photo/吉井明 Text/望月ふみ

映画「ラオス 竜の奇跡」
ラオス 竜の奇跡
有楽町スバル座にて7月14日まで上映
7月1日~名古屋・名演小劇場、7月15日~大阪・シネ・ヌーヴォ他全国順次公開

2015年のラオス。故郷を飛び出し都市へと出ていたノイ(ティダー・シティサイ)は、ナムグム湖観光の折に森で彷徨ううち、1960年の内戦中のラオスへと迷い込んでしまう。そこでダム建設のためにラオスへ渡った青年・川井(井上雄太)と出会い......。実在した日本人技師をモデルに、現代のラオスの女性が過去にタイムスリップして日本人の青年と出会うネイチャーファンタジー。初の日本ラオス合作映画。

© ジャパン-ラオス・クリエイティブ・パートナーズ

井上雄太
井上雄太

いのうえゆうた●1990年8月24日生まれ、大阪府出身。東宝芸能50周年記念で行われた男性タレントオーディションに合格。2015年にドラマ「民王」でデビューを飾り、テレビ、CMで活躍。ドコモdヒッツ「急な雨編『バスが来ない編』」で注目を集める。本作で映画デビュー作にして映画初主演を飾った。

ギャラリー
主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー 映画&舞台「真田十勇士」出演 望月歩スペシャルインタビュー 舞台「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」主演 谷岸玲那スペシャルインタビュー 映画『Only 4 you』DVD発売 花影香音Kanon Hanakage、山川未菜Miina Yamakawaスペシャルインタビュー 主演映画『ハルをさがして』公開佐藤菜月スペシャルインタビュー 主演映画「闇金ドッグス3」公開 青木玄徳 スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール