アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー
 アニメ「魔法つかいプリキュア!」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」映画「聲の形」などに出演し、すぐれた演技力で高い評価と人気を得ている声優の早見沙織さん。そんな早見さんが、日本が誇るロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のOVAシリーズ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で、ガンダムを代表するヒロインのララァ・スン役に選ばれたことが大きな話題を呼んでいます。ララァ役を見事につとめている早見さんにララァを演じる上で心がけたこと、声優を目指したきっかけ、声優を目指す人へのアドバイスなどをお聞きしました!

■養成所で学んだことが今の仕事でも役立っている

早見沙織

――早見さんが声優を目指したきっかけを教えていただけますか?

小学校のときに母に教えられて初めて声優さんの存在を知ったんです。それまでは洋画の吹き替えも外国の人が日本語をしゃべって、アニメの声もキャラクターが自分でしゃべっているという認識でいました(笑)。「えっ! そうなんだ!?」という衝撃を受けて、いろんなアニメや映画を見ていくうちに自分もそういう仕事をやれたらいいなと感じるようになったんです。もともと歌が好きで音楽関係や芸術関係の仕事につきたいなと思っていたんですが、その将来の夢に新たに声優さんというものが加わったんです。

――声優としてデビューするためにどういう努力をしましたか?

中1のときから今の事務所(アイムエンタープライズ)の付属の養成所に通い始めたんですが、正直に言うと習いごとのような感覚で、声優さんにあこがれてはいるけど、子供ならではの「かっこいい」「すてき」「やってみたい」という気持ちだけで、具体的なことは全然考えていませんでした。でも、同じ世代の子が多くて同じ夢を持つ友だちもいっぱいできたし、やりたいことをできる場所として養成所には楽しく通いましたね。

――当時習ったことで今のお仕事で役立っていることはありますか?

いっぱいあります。声優さんのいわゆるティピカル(典型的な)お仕事であるマイク前の演技のレッスンは養成所のいちばん最後の年になるまでやったことがなくて、用意されたひとつの舞台をみんなで作り上げるということが多かったんです。その実際に身体を動かす演技の感覚は、今の声優としてのマイク前の演技のときにも役立っていますね。身体を動かす演技から入ってよかったなと思います。

■ガンダムのことを深く知るほど演じることに対して緊張感が高まった

――今回の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ」で早見さんが演じていらっしゃるのは、ガンダムシリーズを代表するヒロインのララァ・スンです。

オーディションはララァだけでなく、フラウとセイラとゼナの役でも受けさせていただいたんですが、自分に決まるとは思っていなかったのですごくびっくりして、プレッシャーもわいてきました。私自身はこれまで「機動戦士ガンダムAGE」と「ガンダムビルドファイターズ」に関わらせていただいたんですが、世代的にいわゆる「ファーストガンダム」のことを深くは知らなかったんです。作品に参加するためにこれまでの「THE ORIGIN」シリーズや漫画原作を見させていただいて作品のことを知っていくと一層緊張が高まりましたね。

早見沙織

――ララァを演じる上で意識したのはどういうことですか?

ララァの出番では印象的なシーンが多いので、彼女の持っている世界観を出していけたらいいなと考えました。彼女の生い立ちをふまえて、人当たりがよすぎないように、人にあまり心を開かないようにすることなども意識しました。シャア役の池田秀一さんは「ララァには実はこういうところがあって」というように奥深いところを教えてくださって、池田さんからは些細なんだけれど非常に重要な言葉をいただいたと思っています。

――1979年から放送された「機動戦士ガンダム」でララァ役をつとめた潘恵子さんの演技は意識しましたか?

劇場版3部作(「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」)は見ていますし、もちろんそれ以外の作品でも潘さんのお声はたくさん聞いています。とってもすてきなお芝居ですので、それを無視しようという気持ちはなくて、でも真似をすることも絶対にできないと思うので、潘さんがこれまでお作りになったものを大事にしながら、私が感じたものに焦点をあてて演じられたらいいなと思いました。

■正攻法はないので自分なりの道を見つけて楽しく進んでほしい

早見沙織

――今回に限らず、声優のお仕事は作品ごとにオーディションがあることが多いと思うのですが、どういうことを心がけていらっしゃいますか?

オーディションは自分が実際にスタジオでスタッフさんの前で受けるものと、録音した音声を提出する"テープオーディション"という2種類のものがあるんです。スタジオで受けるオーディションのときには、お芝居の内容をいいものにするというのは大前提なんですけど、スタジオに入るときにしっかりとあいさつをして礼儀正しくするということも意識しています。やっぱりオーディションで選ぶ側のかたも「感じのいい人だな」と思える人と一緒にお仕事をしたいと思うんじゃないでしょうか。

――声優を目指している人にアドバイスをお願いします。

「声優」というひとつのくくりがありますが、実際にお仕事をして気づいたのは、本当にいろんな個性の役者さんがいらっしゃるということなんです。みなさん、それぞれのやりかたでそれぞれの道を進んでいらっしゃるので、「役者」の道に正攻法は特にないと思うんです。だから、ぜひ自分なりの道を模索して見つけて楽しく進んでいっていただければと思います。

――最後に改めて「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ」の見どころを!

ララァが出ているシーンだと、シャアとララァが星を見て会話するシーンが好きですね。基本軸にはシリアスなシーンがあるんですけど、あるふたりの結婚秘話のようなほほえましいエピソードもあって、そういったところにも注目していただけると世界がもっと広がって面白いのかなと思います。

 


Photo/石田潤 Text/武富元太郎

アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜
11月19日(土)~12月2日(金)全国15館にてイベント上映
Blu-ray初回限定版、上映劇場にて先行販売
Blu-ray&DVD、12月9日(金)より一般発売

伝説的アニメ「機動戦士ガンダム」の人気キャラクター、シャア・アズナブルの過去を描くOVAシリーズの第4話。ジオンの士官学校での地球連邦に対する武装蜂起に関わったシャアは地球へと旅立ち、不思議な力を持つ少女ララァ・スンと出会う。一方、アムロの父テム・レイは、ジオンのモビルスーツ開発の重要人物であるミノフスキー博士亡命のしらせを受けて月へと向かった。月面では人類史上初となるモビルスーツ同士による死闘が始まろうとしていた......。

©創通・サンライズ

早見沙織
早見沙織
はやみさおり●5月29日生まれ、東京都出身。2007年にアニメ「桃華月憚」で主演デビュー。主な出演作はアニメ「魔法つかいプリキュア!」「甘々と稲妻」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」映画「聲の形」など。2016年に声優アワードで助演女優賞を受賞。アイムエンタープライズ所属。
ギャラリー
主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー 映画&舞台「真田十勇士」出演 望月歩スペシャルインタビュー 舞台「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」主演 谷岸玲那スペシャルインタビュー 映画『Only 4 you』DVD発売 花影香音Kanon Hanakage、山川未菜Miina Yamakawaスペシャルインタビュー 主演映画『ハルをさがして』公開佐藤菜月スペシャルインタビュー 主演映画「闇金ドッグス3」公開 青木玄徳 スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール