アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演
田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー
1999年からテレビ放送されて大人気となったアニメ「デジモンアドベンチャー」。その6年後の世界を舞台に新たな冒険を描く「デジモンアドベンチャー tri.」が大きな話題を呼んでいます。一新された"選ばれし子どもたち"のキャストという難しい役を担っている声優のひとりである田村睦心さん、そして本シリーズの新キャラという重要な役を務めている荒川美穂さんに直撃インタビュー! ふたりとも大ファンであるというデジモンシリーズへの思い、声優を目指したきっかけ、デビュー時の苦労などについて、たっぷりと語っていただきました!

■ふたりそろってデジモンシリーズの大ファン

田村睦心&荒川美穂

――今回の田村さんの泉光子郎役と荒川さんの望月芽心役はオーディションで決まったんですか?

ふたり「はい」

田村「子供のころから『デジモンアドベンチャー』を見させていただいていたので、マネージャーからオーディションがあるって聞いたときに"マジか! 受けたい!!"と思ったんですけど、よくよく考えたら登場キャラは男の人が多いな、と。私は普段、男の子役が多くて、小中学生ぐらいの男の子役だったらオーディションを受けさせてもらえるんですけど、今回は年齢が上の役だからオーディションの話さえもらえないかもしれないと思っていたんです。だから、受けさせていただけることになって、もう背水の陣というか(笑)、"ダメでもしょうがない!"という感じで受けました」

荒川「田村さんと同世代で私も『デジモンアドベンチャー』に思い出があったので、オーディションを受けられるだけでテンションが上がりました。オーディションの時点では芽心はいなくて、空(※旧シリーズから登場している女性キャラ)役を"空ちゃんが大人になったらこんな感じかな?"と思いながら受けました。事務所から"受けた空役は落ちたんだけど、芽心役で決まりました"と連絡をいただいたときはビックリしました」

スタッフ「芽心はふんわりしてるんだけど芯の強い雰囲気のキャラクターということが決まっていて、オーディションの音声を聞く中で監督が"荒川さんがいいんじゃないか"とおっしゃって、いろんなスタッフも大賛成して決まったんです」

荒川「そうだったんですね。今、初めて知りました(笑)」

田村「すごくピッタリだとみんな思ってるよ」

――おふたりとも旧シリーズのファンだったんですね。

田村「子供のころってああいう冒険モノって好きですよね」

荒川「ゲームも弟と一緒に遊んでました」

田村「私も弟と遊んでましたね」

──当時、お好きだったキャラクターは?

田村「アグモン、好きでした。パートナーの太一の"ザ主人公!"という感じも......」

ふたり「熱い!」

荒川「私はヤマトさんとタケル君の兄弟が好きでした」

田村「あのふたりには特別感があったよね」

荒川「一番はタケル君で、デジモンもタケル君のパートナーのパタモンが好きでした。パタモンには本当に癒されますね」

――演じているキャラのパートナーデジモンでなくてもいいんですが、今回の「tri.」でお好きなデジモンは?

田村「やっぱり光子郎のパートナーのテントモンですね。光子郎との距離感も絶妙で。他のデジモンの可愛い子供のような感じとも違って、オカンっぽいんですよ(笑)」

荒川「たしかに(笑)。テントモンの"光子郎はんがおしゃれな服を探す日が来るなんて..."ってセリフも、成長を見守ってきた感じがしていいですよね。私も芽心のパートナーのメイクーモンが一番ですね」

田村「可愛いよねえ」

荒川「第2章では他のデジモンもメロメロになってました(笑)」

■好きなアニメがきっかけで声優という仕事を意識した

――おふたりが声優を目指したきっかけを教えていただけますか。

田村「アニメの『るろうに剣心』を見ていて、瀬田宗次郎を日高のり子さんが演じてらっしゃるのを知って、"女性なのに男性役をできるんだ。いいな"と思ったんです。小学生ぐらいのころから宝塚にあこがれがあったんですけど、"男の子役だけじゃなくて、声優なら背の高いきれいなお姉様もできる。キャラクターとかもできる。なんにでもなれる可能性があるじゃないか"と思って目指すようになりました」

荒川「私もアニメがきっかけでした。好きだった『シャーマンキング』がアニメ化されたときに、すごく好きだったヒロインのアンナちゃんの声が、漫画を読んでいたときに自分の中で勝手に想像していた声とぴったり一致したんです」

田村「おおっ!」

荒川「アンナちゃんは林原めぐみさんが演じていらしたんですけど、たぶん、どこかでお声を耳にしていて、それを無意識のうちに当てはめたんじゃないかって気づいて。そのときに声優ってお仕事があるんだってすごく意識したんです。私は、もともと看護師になりたいって目標もあったんですけど、林原さんも看護師の資格をお持ちなんですよ。それは偶然なんですが、声優として活躍される方の中には転職された方もいらっしゃると知り、"声優と看護師のどちらかひとつに絞らなくても良いのかもしれない"と思って、ふたつやるにはどうしたらいいかって考えながら声優を目指していきました(※荒川さんは実際に看護師として働いていた経歴の持ち主です)」

田村睦心

――おふたりとも養成所に通っていたとのことですが、印象に残っているレッスンはありますか?

田村「詩を自分たちの解釈でグループで舞台化したのが、印象に残ってます。めちゃくちゃ難しかったんですけど、実際にやってみると見た人が盛り上がってくれたりするのが楽しかったですね」

荒川「『ごん狐』などを朗読するレッスンがあって、私は地方出身なこともあってアクセントを意識していたんですけど、"ただきれいに読んでも面白くない"と言われたのが心に刺さりました。"情景を思い浮かべながら読むんだよ"と教えてもらったのが、ずっと忘れられないですね」

荒川美穂
■初主演作では先輩から手取り足取り教わった

――田村さんはデビューの翌年に『バトルスピリッツ 少年突破バシン』で初主演でした。荒川さんは初めて受けたオーディションが主演作の『輪るピングドラム』だったそうですね。経験の少ない時点での主演は大変でしたか?

田村「早くちゃんとできるようになりたかったので、微妙に先輩の台本を盗み見たりしてました(笑)」

荒川「台本にどういうチェックをしてるのかは、私も見せていただきました」

田村「皆さん、すごく優しくて、マイクワーク(※収録スタジオでのマイクの使い方)のこととかも教えてくださったんですけど、すごい緊張しましたね。緊張して、30話ぐらいまで休憩中もロビーに出られなくて(笑)。ロビーでペチャペチャしゃべってたら、"あいつ、遊んでやがる"って思われるんじゃないかと思ったんです(笑)」

――心配性だったんですね(笑)。

田村「でも、スタジオ内に残ってる人とめっちゃしゃべってたんですけどね(笑)」

荒川「あはは(笑)。私も先輩の皆さんに助けていただきましたね。"セリフが台本をめくった次のページにまたがるときは、セリフを前のページに書いておくんだよ"とか、本当に手取り足取り教えていただけて。恵まれていましたね」

田村睦心&荒川美穂

――では、最後に改めて『デジモンアドベンチャーtri.』の見どころを教えてください。

田村「『デジモンアドベンチャー tri.』の魅力は絆かなって思っています。第3章で起きた"リブート"でデジモンたちの記憶がリセットされてしまうんですが、そういう大変なことが起こっても変わらない何かみたいなものが魅力なんじゃないかと」

荒川「記憶を失うところは、もともとの『デジモンアドベンチャー』を見ていた方は特に衝撃的だったと思います。私も台本を読んだときにはすごく感情移入して見てしまいました。キャラクターたちがつまずいたり悩んだりする姿に共感し、前を向き立ち向かう姿に勇気を与えられ、世代を超えて親しまれる作品になるのではないかと思います。『tri.』から入った人も初代『デジモンアドベンチャー』も見てみたいなと思ってくださるような気がするんです」

田村「うんうん。あ、第4章でも光子郎はまた超長いセリフをしゃべってます。毎回、監督がニヤニヤしながら"今回も用意しといたよ"って言ってくるんです(笑)」

荒川「お待ちかね、みたいな感じですよね(笑)」

 


Photo/吉井明 Text/武富元太郎

アニメ「デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」」
アニメ「デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」」
全6章で「デジモンアドベンチャー」から6年後の物語を描くシリーズの第4章。高校生となった八神太一たちは、それぞれのパートナーデジモンと再会。望月芽心とメイクーモンが新たに仲間となる。だが、メイクーモンが暴走し、デジタルワールドのリブート(再起動)も発生。芽心を残してデジタルワールドに向かった太一らは、パートナーデジモンと対面するが、彼らは記憶を失っていた......。

2月25日(土)劇場上映開始

©本郷あきよし・東映アニメーション
田村睦心
田村睦心
たむらむつみ●6月19日生まれ、東京都出身。2007年にアニメ「ef-a tale of memories.」でデビュー。以後、アニメや洋画吹き替えと幅広く活躍。主な出演作は「キルミーベイベー」「ヨルムンガンド」「小林さんちのメイドラゴン」など。アイムエンタープライズ所属。

荒川美穂
荒川美穂
あらかわみほ●12月4日生まれ、宮城県出身。2011年に主演作「輪るピングドラム」でデビューを飾り、大きな話題を獲得する。その他の主な出演作は「直球表題ロボットアニメ」「悪魔のリドル」「魔法少女大戦」「ユリ熊嵐」「ダンガンロンパ3」など。俳協所属。

ギャラリー
主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー 映画&舞台「真田十勇士」出演 望月歩スペシャルインタビュー 舞台「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」主演 谷岸玲那スペシャルインタビュー 映画『Only 4 you』DVD発売 花影香音Kanon Hanakage、山川未菜Miina Yamakawaスペシャルインタビュー 主演映画『ハルをさがして』公開佐藤菜月スペシャルインタビュー 主演映画「闇金ドッグス3」公開 青木玄徳 スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール