主演映画「闇金ドッグス3」公開
青木玄徳スペシャルインタビュー
 法外な金利で金を貸す"闇金"の世界に生きる、元ヤクザの安藤忠臣(山田裕貴)や元ホスト・須藤司(青木玄徳)。リスクを冒しても彼らに金を借りに来る切羽詰った人間たちの修羅場をリアルに描く映画「闇金ドッグス」シリーズの3作目は、須藤司が主人公となる。演じる青木玄徳は、ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンで、原作屈指の人気キャラクターの跡部景吾役で俳優デビューを飾った後、「仮面ライダー鎧武/ガイム」や次々と映画界へも進出している注目の28歳。初主演映画への思いをたっぷりと語ってくれた。

■シリーズ第3弾! 映画「闇金ドッグス3」で初の主演!

――「闇金ドッグス」シリーズには須藤司役で1作目から登場していますが、3作目にして初の主演! どんな気持ちでしたか?

僕としては生まれて初めての主演映画ですごくありがたいですし、全力でやらせてもらったんですけど、やっぱりこのシリーズは山田(裕貴)くん演じる忠臣の成長のストーリーだと思っているんです。須藤という役は、あくまでも忠臣という(シリーズの)主人公がいるからこそ成り立つキャラクターなのかなと僕は解釈していて。でも今その中で今回は須藤をピックアップしてもらったので、気心知れたスタッフさんやキャストさんたちの胸を借りて、しっかりと頑張ろうと思いました。

青木玄徳

――継続して演じているキャラクターだけに、役への愛着は強いのでは?

「1」では台詞もほとんどなく、ボッコボコに殴られて、借金をするために知らないオバちゃんと結婚させられてそのまま消えちゃうっていうキャラクターでした(笑)。それが「2」で、ここからがこの役の見せどころだという感じでまた戻ってきた。須藤という役をもっともっと掘り下げて作っていったし、もう1回作り直すぐらいの気持ちで「2」と「3」に挑みました。

――ただ、青木さん自身は須藤のことを「100人いたら100人がリスペクトしないであろう役」とコメントしていますね(笑)。

正直、そう思うんです(笑)。もともとは、返すあてもないのにいろんなところから借金をして、結局首が回らなくなった元ホストという役どころ。でもそういう雰囲気が台本の中でしっかりまとまっていることがありがたいなと思いました。じゃあコイツは「3」の中で主人公としてどう終わるんだろうっていう部分が、台本を読んだときに僕の中にしっかりと1個あったので、ゴールを決めやすかったというか。そこをお客さんにもちょっと感じてもらえたらうれしいなと思いながら、須藤という役を作ってきたつもりです。

――青木さんが感じた須藤の愛せる部分にしっかりと愛情を注いで作ったということですね。

台本を読み終わって、「でも、なんか悪くないなコイツ」って気分になったんです。自分でも気づかないぐらいちょっとだけ、心が熱くなってる部分があったというか。その感覚をお客さんに届けられたらなと思いました。クズだしサイテーなヤツなんですけど、「でもなんか憎めないな」って男がそれなりに頑張っている。誰かに認められることはそんな簡単なことじゃないんですけど、でもこの底辺の人間がどれだけやったかっていうことを見せたいなと思っていたんですよね。かといって、ものすごく心が動かされて泣いたり、グッサリと心に残るっていう感じでもない。

――わかります。須藤というキャラクター自体が最終的に大逆転するわけではない。

結局、一番カッコいいところは忠臣に持っていかれちゃいますし。でも自分自身がちゃんとケジメをつけなきゃいけないってところでは、しっかりトドメを刺しにいく。それも、自分のためじゃなく。これは映画だから観られるために作っていますけど、実際に同じようなことがあったら、誰にも知られないのにこんなことに身を投じる人がいるってことなんですよね。そんなこともじんわり思いながら、台本を読んでいたんですけど。

――闇金の世界を舞台にした映画ですが、青木さんにとってお金とはどんなものですか?

若い頃は、人生ってお金よりもやりたいこととかに時間を使うべきだと思っていたんです。でも今28歳になって、お金への価値観がだいぶ変わってきました。やっぱりお金って人生において切っても切れないものだと思うし、お金のことなんてどうでもいいっていう感覚でいるのは、ある種の逃げじゃないかと。だから稼げるならばなるべく稼ぐという感覚でいる人の方が素直だと、僕は思いますね。

――お金は貯めるタイプ? 使うタイプ?

パーッと使っちゃうようなイメージがあるかもしれないですけど、意外とちゃんと貯金はしてるタイプです(笑)。

■誕生日イブにスカウトされたことが芸能界入りのきっかけ

――この仕事を始めたきっかけは?

スカウトされて今の事務所に入りました。当時はフリーターで、バイト先でスカウトされて。

青木玄徳

――芸能の仕事にもともと興味は?

あったかと言われたらないような気もするし、なかったかと言われたらあるような気も......。でも今ここにいる時点で全くなかったわけじゃなかったんでしょうね。フリーター時代は、やりたいことが他にあったんです。でもそれをあきらめかけていたり、プライベートでも悩みの中にあった時期で、自分としてはものすごいタイミングで声を掛けてもらいました。かつ、その日は誕生日の前日で。バイトが終わって帰宅しようと思ったら、人身事故で電車が停まっていたので、ビールでも1杯飲んで帰ろうとコンビニに寄ったんですよ。そしたら、中学の同級生にたまたま会って。近況を話しているうちに今日スカウトされたって話になり、その友達に「昔からそういう面白そうなこと好きだったじゃん」みたいなことを言われたりして。で、パッとケータイを見たら0時を回っていて、それまですっかり忘れていたんですけど、自分の誕生日だったんです。「あ、俺の誕生日だよ。乾杯しようぜ!」って(笑)。そんな不思議な日で、いただいた名刺がすごく脳裏に焼きついていたんですよね。本来の僕はスカウトとか信用しないタイプなんですけど、なんかその不思議な感覚が、自分から電話をして飛び込んでみるチャンスをくれたというか。

――本当にいろんな"たまたま"が重なっていますね。

そうなんです。本当に。

――オーディションなどで道を切り開いてここまで来たのは、青木さん自身の努力が大きいでしょうし。

オーディションは落ちに落ち続けて、悔しい思いをいっぱいしました。「次こそ受かってやる!」という気持ちで、最初の1年ぐらいは役者のオーディションを受け続けて。でも次がダメだったら辞めようと思いながら挑んだのが、ミュージカル「テニスの王子様」のオーディション。そこで決まった跡部景吾役が、役者として最初につかんだ役でした。

■「闇金ドッグス」をバイブルに、芸能界に挑みに来てください!

――俳優としてのプロ意識のようなものが芽生えたのはいつ頃ですか?

今でも、プロだからこうあるべきだっていう像は自分の中にはないんです。ただいろんな失敗をしたり、いろんな人を見たり言葉を聞いたりしてきた中で、一番大事なのは自分のやるべきことに対して、ちゃんと向き合って誠実にやることだなと思ったんですね。現場に行って台本の台詞を言うだけだと、自分の中では誠実に向き合ったと思えない。技術がそこまであるわけじゃないので、しっかり何かを感じてしっかり何かを表現できる状況まで気持ちを持っていかないと、上手くできた感じがしないんですよ。だから最近一緒に仕事をした方に、「お前はほんとに気持ちだけで仕事をしてるね」って言われたことも(苦笑)。褒められたというよりは「もっと学べよ」ってことだと思います。この先もたくさん学んでいきたいですね。

――芸能界を目指す読者に、先輩として何かアドバイスを!

じゃあ、「闇金ドッグス3」に絡めまして。アイドルや子役が悪徳事務所に苦しめられる話なので、こんな事務所に入っちゃいけないという芸能界の裏側がわかります(笑)。「1」も、「3」につながる芸能界の話からスタートするので、ぜひチェックしてほしいですね。「闇金ドッグス」をバイブルに、芸能界に挑みに来てください!

 

Photo/金丸雅代 Text/武田吏都

映画「闇金ドッグス3」
5月21日(土) 新宿バルト9ほか公開
闇金ドッグス3
 若くして組長にまで昇りつめた安藤忠臣はヤクザから足を洗い、闇金の世界へ。客として彼と出会った元ホストの須藤司は安藤が経営する「ラストファイナンス」に雇われ、女性の扱いの上手さを生かし、女性債務者を次々と増やしていた。そこに現れたのが夢を捨てきれない元アイドルと、愛娘をスターにしたいステージママ。闇金の扉を叩く彼女たちの背後には、悪徳芸能事務所の存在が......。
http://yamikin-dogs.com/

青木玄徳
青木玄徳

あおきつねのり●1987年10月19日生まれ、埼玉県出身。2011年、ミュージカル「テニスの王子様」2ndシーズンの氷帝学園・跡部景吾役でデビュー。ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」の戦極凌馬役に抜擢。その後、映画「Mr.マックスマン」、ミュージカル「リボンの騎士」など多方面で活躍。今後は、映画「Bros.マックスマン」(増田哲英監督)が今秋公開予定、 映画「コープスパーティー Book of Shadows」は7月30日より公開予定。初の主演舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」は9月1日より東京・大阪・北九州にて公演。他解禁前の映画も多く控えている。ドルチェスター所属。

ギャラリー
主演映画「トモダチゲーム 劇場版FINAL」公開 吉沢亮スペシャルインタビュー 映画「僕のワンダフル・ライフ」日本語吹替え版出演 花澤香菜スペシャルインタビュー 「連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~」DVD&ブルーレイリリース開始記念 豪華キャスト勢揃いスペシャルインタビュー 2nd single「アバンチュっ!/ナツラブ」発売 アキシブproject スペシャルインタビュー 「AKB48 向井地美音ソロコンサート~大声でいま伝えたいことがある~」DVD&Blu-ray発売記念 向井地美音(AKB48)スペシャルインタビュー Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」出演 夏帆&満島真之介 スペシャルインタビュー 主演映画「ラオス 竜の奇跡」公開 井上雄太スペシャルインタビュー HKT48のこれからを背負う4期生をピックアップ☆ 地頭江音々&豊永阿紀&運上弘菜(HKT48)スペシャルインタビュー 主演VR映画「交際記念日」&主演映画「ポエトリーエンジェル」公開 武田玲奈スペシャルインタビュー 映画「トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡」主演 松風理咲スペシャルインタビュー 1stフォトブック「hungry!!!」発売 岡田結実スペシャルインタビュー アニメ「デジモンアドベンチャーtri.」出演 田村睦心&荒川美穂スペシャルインタビュー 映画「一週間フレンズ。」出演 松尾太陽スペシャルインタビュー アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜」出演 早見沙織スペシャルインタビュー セカンドシングル「白いシャツ」発売 CHERRSEEスペシャルインタビュー 映画「闇金ウシジマくん Part3」出演 本郷奏多スペシャルインタビュー 映画&舞台「真田十勇士」出演 望月歩スペシャルインタビュー 舞台「SAKURA-JAPAN IN THE BOX-」主演 谷岸玲那スペシャルインタビュー 映画『Only 4 you』DVD発売 花影香音Kanon Hanakage、山川未菜Miina Yamakawaスペシャルインタビュー 主演映画『ハルをさがして』公開佐藤菜月スペシャルインタビュー 主演映画「闇金ドッグス3」公開 青木玄徳 スペシャルインタビュー
SSL グローバルサインのサイトシール